2012年04月11日

4月10日復興支援吹田市民会議の備忘録

2012年 4月10日19:30~21:30
吹田市の福祉会館 

吹田駅から歩いても、豊津駅から歩いても10分前後のとこにあります。
小山先生のブログから写真拝借しました。
実際は19:30スタートだったので真っ暗です。

今年度の支援のカタチ を話し合いたい!

とはいえ、いろいろ質問疑問も飛び交い。
ラスト20分でいろいろダダダダっと決まりました。



以下、備忘録。


2012年4月10日19:30より復興支援すいた市民会議吹田市への東日本大震災よりの避難者2012年現在103名子供30名43世帯被災地からというよりは他からの二次移住が多い。母子で非難というケースが最多住民は市営住宅が主で、市内一円に散りじりばらばら市営住宅は無料期間が延びた。他は大家さんの好意なので、家賃の問題を訴えるケースも。募金吹田の風さんより5万円シティライフさんより5万円見込みとしてガンバさんよりいただけるかもしれない。シティライフさんがストーブを五台提供した。 残金が12万円ほど今年度の活動資金に充てたい。今年度の活動指針のために配布したアンケート回答率42パーセント子供は友達ができてきたという話もあるがトラウマはいまだいえてはいない。半数は東北に戻りたい。半数はわからない。吹田にきた理由はネットの情報量や被災者専用窓口があるなど。行政サポートが決め手になったケースもある。放射能への懸念、かなりナーバスになっている。行政より二週間に一回、訪問している。奥ゆかしい印象。今後どのようにボランティアが関わっていくのか。ボラフェス5月27日にご招待したい。予算も組んだ。ボラフェスでの復興支援活動は岩沼市から花の苗を500から600株を仕入れ、売り上げを義援金に、また読売新聞から物品提供をうける。定期的に知り合える場所作りを模索中であり、避難者のニーズに向かって少しづつ進めて行きたい。市民ネット吹田にハーティさんから打診。現地へ行くボランティアなどと連携して補助金をうけたいそうです。関係団体がどの様に復興支援に関わったのか(チャリティーや住宅支援など)一覧表を作成しておく。ママ会開催案第一候補5月17日木曜日11-14  会費300円予備日15日18日その他メンズ会の企画は後手にまわる。チラシ担当田中日程が決まり次第作成し配布に。次回会議6月4日月曜日市役所で19:00スタート避難者の方の参加もOK!ホームページについて事務局で早急に詰める。
最後の20分で何とかまとめて終わりました。


ここにくるとジェラート食べたくなる…




同じカテゴリー(イベント報告(すいたまん))の記事画像
こども昔体験授業@浜屋敷
おはぎ茶屋 
屋台飯交流会
大阪産野菜 × 東北郷土料理 @ ドーンセンター
山五地区公民館の料理教室
ピカピカ一年生クッキング
同じカテゴリー(イベント報告(すいたまん))の記事
 こども昔体験授業@浜屋敷 (2013-08-10 23:06)
 おはぎ茶屋  (2013-07-31 12:13)
 屋台飯交流会 (2013-07-31 12:01)
 大阪産野菜 × 東北郷土料理 @ ドーンセンター (2013-06-17 10:59)
 山五地区公民館の料理教室 (2013-04-26 12:12)
 ピカピカ一年生クッキング (2013-04-06 14:45)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。